一言で翻訳家と言っても、実は、翻訳家の仕事はとても幅の広いものなのです。例えば、出版社でも翻訳家は活躍していて、出版社で必要な海外の資料を専属で翻訳する仕事もあります。それに、IT企業でも、輸入している書籍や雑誌の翻訳をメインに行う仕事があるでしょう。それは翻訳する言語が、英語であろうがドイツ語であろうが変わりません。翻訳家に求められるのは、その語学の確かな実力と、それを仕事の中で発揮できることです。独学でドイツ語を学んでも結構ですが、何年間かドイツに留学するというのも、翻訳家になるためには必要かもしれませんね。翻訳家になるための養成スクールなどもありますから、そこに通って翻訳力をつけることも可能でしょう。現役で翻訳家として活躍している方に弟子入りするという方法もあります。翻訳家さんに弟子入りできれば、実際の翻訳業界を知ることもできます。さらには、その翻訳家さんの紹介などで、何か仕事が舞い込んで来るチャンスもあるかもしれません。それに、割と重要になってくるのが、ビジネス文書ですね。普通に会話できたり、メールを打つことはできたとしても、どこかの企業で翻訳家として働く場合には、ビジネス文書を書かなくてはいけないことがよくあります。そんな時に、言葉としては間違っていなくても、ビジネス書式になっていない文書を書いてしまうと、社会人として恥ずかしいものです。どういった翻訳家を目指すにしろ、ドイツ語のビジネス文例集などを購入して、勉強しておくといいかもしれませんね。ドイツ語のビジネス書式を堪能に操れることも、翻訳家として活躍するためには必要なことでしょうー